「ジャストスリープ」初の海外進出 大阪・心斎橋に今年12月開業へ/台湾

2022/06/22 11:50
今年12月にオープン予定の「ジャストスリープ大阪心斎橋館」=シルクスホテルグループ提供
今年12月にオープン予定の「ジャストスリープ大阪心斎橋館」=シルクスホテルグループ提供

(台北中央社)台湾のホテル大手シルクスホテルグループ(晶華国際酒店集団)は20日、グループ傘下のブランド「ジャストスリープ」の海外1号店を大阪・心斎橋に今年12月に開業させると発表した。日本のビジネス・観光客をターゲットとする他、台湾などアジア地域からの訪日観光客の取り込みも目指す。

不動産の投資、開発を手掛けるミナトクリエイト(大阪市)と協力に関する協定を結び、委託を受けてホテルの運営を行う。すでにハード・ソフト両面の工事が始まっているという。

名称は「ジャストスリープ大阪心斎橋館」。全100室で、平均客室単価は1万円を予定。大阪メトロ心斎橋駅から徒歩5分に立地する。交通アクセスの良さや細やかなサービス、地元の街の要素を取り入れたデザインを強みに誘客を図る。

大阪心斎橋館はジャストスリープの10店舗目となる。

(江明晏/編集:名切千絵)

> 中国語関連記事
私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。