台湾、飲酒運転厳罰化 高雄市が再犯者5人の氏名公表

2022/04/28 18:37
台湾、飲酒運転厳罰化 高雄市が再犯者5人の氏名公表=写真は同市政府提供
台湾、飲酒運転厳罰化 高雄市が再犯者5人の氏名公表=写真は同市政府提供

(高雄中央社)南部・高雄市政府交通局は28日、2019年7月1日以降に飲酒運転を繰り返した男性5人の氏名や写真などを公表した。飲酒運転による事故の発生を防ぐためと説明している。

立法院(国会)は1月、飲酒運転の厳罰化を図る関連法の改正案を可決し、3月31日から施行された。10年以内に2度飲酒運転をしたり、アルコール検査を拒否したりした場合、主管機関が氏名や写真、違反内容などの情報を公表することが盛り込まれている。

再犯者の公表は、南部・台南市が先月、全国に先駆けて実施し、高雄市では今回が初めてとなる。

同局によると、今回公表された5人はいずれも20年から22年4月までに2度、飲酒運転で摘発されたという。飲酒する場所に赴く際や飲酒後は、公共交通機関の利用の他、運転代行サービスや家族に迎えを依頼するよう呼び掛けている。

(曽以寧/編集:齊藤啓介)

> 中国語関連記事
私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。