花蓮中心部でバスターミナルの建設進む 来年3月運用開始予定

2021/12/04 17:44

東部・花蓮県政府は花蓮市内でバスターミナルの建設を進めている。高速バスと市内路線バスの乗り場を統合するもので、来年3月にも試験運用を開始する予定。北東部・宜蘭と花蓮を結ぶ「蘇花公路」のバイパス道路「蘇花改」が昨年全通し、台北からの高速バスが運行されるようになったものの、乗降場所が分散しており、不満の声が上がっていた。バスターミナルには乗り場が13カ所設置され、9事業者が乗り入れる見込み。

私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。