アプリで読む
ダウンロード

日本統治下の台湾を舞台にした作品が大賞 島田荘司推理小説賞

2019/10/01 18:00

日本統治下の台湾を舞台に鉄道殺人事件を描いた小説「野球倶楽部事件」が、中国語で執筆する若手推理小説家の育成を目的とした「第6回金車・島田荘司推理小説賞」で大賞に選ばれた。授賞式が先月28日、台北市内で行われ、島田荘司さんが作者の唐嘉邦さんにトロフィーを手渡した。


お探しの記事は有効期限を過ぎており表示できません。

中央社の有料記事データベースをご利用ください。

※中央社フォーカス台湾に掲載の記事・写真・イラストの無断転載・利用を禁じます

私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。
172.30.142.104